コロナ禍中の出会い方TOP3選

コロナ禍以前と比べて、出会いのきっかけは少なくなってしまいました。

外出自粛や、街コンイベントの減少により出会いの場所も変化してきました。

今回はコロナ禍でも交際相手と出会うことが出来た出会い方を3つ紹介していきたいと思います。

知ってるよ!と突っ込みたくなるかもしれませんが理由も解説していくので最後までお読みいただければと思います。

出会い方3選

マッチングアプリ

皆さんも、一度は利用したことが多いのではないでしょうか?

金額もお手頃で、簡単に始められるのがマッチングアプリのいい所です。

年齢は20代前半から30代前半の男女の活動が多いです。

現在、様々なマッチングアプリが世の中にあります。

マッチングアプリで、上手く相手を見つけるには自分に合ったマッチングアプリを使う必要もあります。

自分の住んでいる地域、年齢、仕事内容、年収、見た目、生活スタイルなど、プロフィールマッチングのマッチングアプリで周りよりも良く見せるにはどのアプリがいいのか?

どのアプリだと女性と会うところまで行けるのかを活動したり調べながら探っていくことも大切です。

だいたい2~3個のマッチングアプリで活動している方が多いので、現在ひとつのアプリしかやっていなく上手くいっていない方は増やしてみるのも検討してみてください。

職場

自然な出会い方に強い憧れがある方も多いと思います。

自然な出会いで、昔から多いのが職場での出会いです。

「いやいや、職場には良い人いない」「職場はリモートだから関わりがない」と思う人もいるでしょうが、職場での出会い方にもいろいろあります。

これから転職することも可能性としてはあると思いますし、他部署の方と積極的に話している際に他部署の方の友人を紹介してもらえることもあるかもしれません。

いままでと同じような生活スタイルでいると、同じような日常が待っているので、少しでも変化を加えた新しい習慣を取り入れて日々過ごしてみてください。

きっと新しい出会いが待っている事でしょう。

友人からの紹介

実は結婚まで至る成功率が、とても高いのが友人からの紹介です。

なぜでしょうか。

答えは簡単、両方のことをよく知っている友達が紹介してくれているので、上手くいく可能性も当然あがります。

友達がいる手前、お互いに相手に失礼な事をしないという点も大きく関係していると私は思っています。

例えば

せっかくだし、まずは話してみてから判断しようと一回はご飯にいくことが多いと思います。

一度会ってから上手く行かないのは、どちらかに原因があるのでそこは反省して次に活かしていきましょう!

まとめ

マッチングアプリが一番の人気ですが、出会えないという声が多いのもマッチングアプリです。

「じゃあ、何をすればいいのか?」という質問が多いのですが、答えは簡単で相手と自分の間に人がいる出会い方です。

友人からの紹介には友人がいますよね。

職場での出会いも場合によっては紹介してくれた方が居たりします。

結婚相談所も間にコンシェルジュが入っています。

間に人が入っていることによって、下記のようなメリットがあります。

このようなメリットがあるので、間に人が介入している出会い方が安心安全で結婚までも早いです。

厚生労働省の調査によると、コロナ禍前(2019)とコロナ禍中(2020)では婚姻数が7万組も減ってしまったそうです。※出生数も過去最低を更新。

今後も、出会いは待っているだけでは来ないでしょう。

自ら自発的に動いて異性と話す機会をたくさん作っていけた方が、婚活を成功させると確信しています。

シェアする